ガイド


カメラの選び方1<一眼レフカメラとミラーレスカメラ>

カメラの大きさで選ぶ
一眼レフカメラとミラーレス一眼カメラとの違いは、カメラ内ミラーの有無が一番の違いです。このミラーの有無により、本体サイズや撮影方式まで大きな違いが生まれてしまいます。一眼レフカメラでは、レンズとファインダーの間に反射鏡(ミラー)があるためボディサイズが大きくなり、奥行きをとってしまいます。
これに対して、ミラーレス一眼は、文字通りミラーが無いため、本体サイズが非常にコンパクトなものとなっています。ただし、ミラーレス一眼はボディサイズが小さくなったことで、バッテリー容量も小さい為、一眼レフよりも撮影可能枚数が少ないというデメリットもあります。長期間の撮影や旅行に出かける時には、予備バッテリーや充電器を用意したほうがよいでしょう。
ファインダーを覗く、液晶画面を見る
一眼レフカメラの特徴は光学ファインダーを覗きながら撮影することです。光学ファインダーとは、レンズから見えている像を、そのまま直接目で見ることができる装置で、ファインダーに像を届けるための一眼レフカメラではミラーやプリズムなどが本体に入っています。
カメラ内部しくみ 2.png
光学ファインダーでの撮影は、EVF(電子ビューファインダー)やライブビュー撮影とは違い、像が遅れる事無く撮影でき、目が疲れにくいといった特徴があります。
しかしこのライブビュー機能は、一眼レフカメラでも、コンデジのように液晶モニターを見ながら撮影できるすぐれものです。ハイアングルやローアングルで撮影するのであれば、液晶モニターを自由に動かすことができるバリアングル液晶搭載モデルがおすすめ。
光学ファインダーを装備する一眼レフに対し、ミラーレス一眼はコンパクトデジカメと同様に、液晶モニターを見ながら撮影するカメラがほとんどです。
カメラ内部しくみ.png
中には、一眼レフと同様にのぞきながら撮影できるものEVF(電子ビューファインダー)がありますが、これは撮像素子が処理した映像をファインダー内に写したもので、主に中上位クラスの機種に搭載されています。