ガイド


カメラの種類

フィルムカメラとデジタルカメラ
カメラの種類で大きく分けられるのが、フィルムカメラとデジタルカメラでは無いでしょうか?デジタルカメラが普及する前までは、カメラといえばフィルムカメラだったのですよ。信じられない方も多くなってきていると思います。
さて、一番身近なフィルムカメラといえば、今でも若干販売している使い捨てカメラ。私は勝手に「リサイクルカメラ」と呼んでいます。何故なら、現像に出されたカメラは再度フィルムを入れてリサイクルしているからです。
使い捨てカメラ.jpg
このカメラの中にはフィルムが入っていて、フィルムに撮影した像を写しカメラ店でプリントをしてもらわないと、写した写真が全くわからないものです。数年前まで、こうだったんです。
でも、今のデジタルカメラは、撮影したら直ぐに写真を見る事ができるようになりました。そして、失敗したり納得できない写真はすぐにゴミ箱へ…本当に便利になりましたよね。
フィルムを使うフィルムカメラは、いまだに根強い人気がありますが、デジタルカメラの種類について書いていきたいと思います。
デジタルカメラの中には、大きく分けて3種類のカメラがあります。
コンパクトデジタルカメラ
このカメラは、よく目にするデジタルカメラの一つではないでしょうか?「コンデジ」とも呼ばれていてコンパクトデジタルカメラの略です。
このカメラは、コンパクトな上、価格も安いのが特徴です。コンパクトだと、当然持ち運びも楽なので、旅行時の記念撮影やスナップ等に良いでしょう。
コンパクトデジカメ.jpg
しかし、コンパクトに出来ている分、画像を読み取る部分も小さいので、暗い場所での撮影や大きくプリントした時にはデジタル一眼レフよりも画質が悪くなります。
ミラーレス一眼カメラ・マイクロ一眼カメラ
ミラーレス一眼やマイクロ一眼と呼ばれているカメラで、お好みのレンズに交換が出来るのでキレイな写真を撮影できて、尚コンパクトなのが特徴です。
一眼レフカメラは、カメラに入っているミラーを使ってファインダーに映し、撮影する時にはミラーを押し上げて撮像素子に画像を写し込むのですが、このカメラはミラーが無いのと、新しい規格により、撮像素子が小さいためにカメラもコンパクト。
ミラーレス一眼.jpg
又、コンパクトデジタルカメラと同様に、液晶画面を見ながらの撮影となるので、とっても簡単に写真撮影が楽しめます。オシャレなデザインやカラーも豊富なのが女性に大人気の商品となっております。
パナソニック LUMIX、SONY α、CANON EOS M、オリンパス OLYMPUS PEN等がこのカメラになります。
ただ、このカメラに大きな交換レンズを取り付けると、ボディが小さい分レンズばかり目立ってしまい頭でっかちとなるところが欠点です。
デジタル一眼レフカメラ
このカメラの特徴は、レンズを通した像をファインダーで見る事ができるカメラです。レンズの種類も非常に多く、自分好みのレンズを使って写真を撮影する事ができます。
また、撮像素子も大きい分画質のキレイな写真を撮影する事ができます。
Nikon D200.jpg